スプラッシュジャングルプーケット

2010年1月に、マイカオビーチにオープンしたばかりの、プーケットで唯一のウォーターパーク。流れるプール、水上ジャングルジム、ウォーターガン、チューブプール、波のプール などが勢ぞろい。絶叫系のスライダーもあります。 

  • 送迎は含まれておりません。
  • 往復送迎は、1人450バーツから(プーケット島内)

入口とロッカー様子

入口にはチケットブースがあります。こちらでチケットを買いますが、ロッカーの鍵が男女別色違いなので、男性と女性の人数を分けて聞かれます。写真右上は、腕につけるロッカーの鍵ですが、園内の食事は、現金を持たず、これをスキャンするだけでOKなすぐれモノです。お財布の心配をせずに楽しめますね。

園内の飲食について

入口付近に、エアコンレストラン、真ん中にオープンエアーの売店、端っこに、プールに浸かったまま、ドリンクを楽しめるバーがあります。タイ料理やインターナショナルをゆっくり食べるのだったら、レストランへ。軽食は売店に。ソフトドリンクは60バーツ、水は30バーツでした。ちなみに、園内には外からの食べ物持込は禁止です。

プール色々

上の3つは絶叫系で、専用浮き輪ですべりおります。身長120センチ以上ぐらいから楽しめます。下の3つは、小さい子供でも楽しめる、波のプール、温水ジャグジー、流れるプール。プールの詳細は、下↓の体験レポにも。

幼児・子供用プール

こちらは、幼児から、小学生以下のお子様にお勧めなエリア。水上ジャングルジムは、後ろに3つのミニチューブスライダーもついていて、大人も一緒に楽しめます。写真真ん中上は、子供用スライダー。3-4歳以上から楽しめます。

体験レポート

スプラッシュジャングルプーケット

マイカオビーチに2010年1月にオープンした、ウォーターパーク「スプラッシュジャングルプーケット」。

まずはゲートにて、ロッカーの鍵をもらいます。腕時計のようになっていて、これはお財布をもたずに、これを提示すれば、園内は飲食が無料で利用できるようになっています。裏側には鍵がついてますので、無くす心配もないですね。清算は、ゲートの横の「チェックアウト」と書いてある場所でして、外に出ます。

ロッカー内は、トイレ、シャワー施設、身支度ができる鏡のついたスペースがあります。ドライヤーなどはないので必要であれば持参しましょう。お金は必要ないので、ロッカーの中に入れてしまったほうが良いかも。

着替えが終わると、さっそくプールのほうへ。タオルや荷物などを持って、チェアーを確保しているうちに、子供たちは、行方不明になっておりました。

うちの長男は猿なので、まずは高いところに行ったようですが、まず最初に、泳ぐのだったら、入り口からすぐの、橋の手前にある、「Lazy River」がお勧めです。こちらは、園内の外枠をぐるりとめぐる、335mの流れるプールになっています。専用浮き輪にのって、ゆらりゆらりと、一周すると、だいたい、どんな施設があるのかがわかります。

このプールでの絶叫系は2つ。4階のタワーから、滑り降りる、「The Boomerango」と、「The Super Bowl」のふたつ。どちらも、専用浮き輪に乗って滑りおりますが、一人用よりも、2人用浮き輪で、できるだけ体重が重い人(笑)と滑ると、スリルが増します。

The Boomerangoは、ジェットコースターに良く似ています。急降下した後、ぐーんと上に登るのですが、その先がナイ!! というギリギリまで登ったあと、後ろにズザザザーと降りるのですが、「飛び出しちゃったらどうしよう!」という、恐怖感を掻きたてる狙いがあるのだと思います。文句なしの、イチオシです。

The Super Bowlは、お皿の上をくるくる回る、ちょっとお茶目系なもの。後ろから滑ると、さらに恐怖が増すということで、頑張ってみたんですが、何度やっても、くるくるくるくる回った後、前から落ちてしまいました。

3階の高さからは「Tube Slide」「Body Slide」があり、ひとつは、専用浮き輪で滑るタイプですが、上の二種類とは違って、左右揺れの怖さが楽しめます。チューブスライド青と緑の2種類あります。真っ暗な中をすべりおりまうが、カーブが多すぎて、私は酔ってしまいました。。。

「The Aqua Play Pool」は、子供はもとより、大人も一緒に楽しめる、水上ジャングルジム。てっぺんに象さんの巨大コップがあって、一定時間が来て、水が一杯になると、バケツをひっくり返したような大水攻撃に、絶句します!ここには、子供用チューブスライダーが3種類ありますが、スライダーにありがちな、滑り降りた後すごく深いというのはなく、浅いところにでるので、幼児にも安心設計です。コックをまわすと水が出たり、紐を引くと、水が出たり、子供が大好きな細工もたくさんあって、小さい子は、大体ここから動かなくなります。その隣には「Kids Slide」という、二箇所の子供用滑り台があります。

その向かいは「The Wave Pool」こと、波のプール。深さは一番奥で1.7M、浅いところもあるので、こちらも子供は浮き輪などで、楽しめます。

大人のお楽しみは、温水ジャグジープールがある「Jungle Hut Cabanas」と、その上にある、「 Igloo Sauna」です。温水ジャグジーは、手前は座って当たれるジャグジーで、奥は立ってあたるタイプになります。サウナのそばではタイマッサージやフットマッサージも受けられるようでした。

飲食店は3つあり、ひとつは、入り口のすぐそばにあるレストラン「Coconut Cafe」。落ち着いて食事ができるのと、エアコンで涼めます。タイ料理と軽食になります。

「Jungle Deli Splash bar」は、波のあるプールのそばにあり、ドリンクや、スナックがオーダーできる売店。水30バーツ、ソフトドリンク60バーツ、ホットドックや、チーズバーガー200バーツ前後といった料金で、少し高め。ですが、園内食べ物持込禁止なので(手に持ってると、入口で没収されます)、こちらで買うことになりそうです。

お昼前から行って、結局5時間以上、この中で過ごしましたが、まだ遊び足りない感が・・・。マイカオビーチと、ちょっと遠くにあるので、行くんだったら、たっぷり時間をとって、遊びに行くと良いと思います。

インフォメーション

プーケット空港から、北側に行き、ブルーキャニオンの入口を越えて数キロいくと、左側にお寺の入口と、看板が見えます。曲がった後は、真っ直ぐ行き、突き当たりを左折すると到着です。パトンビーチから約1時間弱。

スプラッシュビーチリゾートというホテルが、併設されています。コンドミニアムタイプのホテル。海もすぐ近くです。

最新記事