ピピ島観光

プーケットから船で1時間半。スピードボートで約1時間のピピ島は世界屈指の美しさを誇る島。プーケット滞在中には、是非訪れて欲しい場所です。もし時間があれば、ピピの魅力を満喫するためにも、宿泊してみては?ピピ島 に子連れで行った時のレポートがあります。こちら。

船の様子

コーラル島のビーチは、端から端まで、歩いてそれほど広くはありませんが、ビーチのエリアによって、団体さんなどとは分けてもらえるようです。今回は真ん中あたりのビーチチェアに案内されました。パラソルはありませんでしたが、木が影を作ってくれますので、必要なかったです。ビーチチェア代はこのツアーには含まれています。

ピピ・トンサイの船着場

新しい桟橋になってから、見違えるほどきれいになり、リゾート気分が高まる玄関口になっていました。ホテルを事前にお申し込みされて、到着の船の時間を伝えてあれば、ホテルスタッフがリヤカーを持って桟橋付近に迎えに来てくれます。

ピピ島の移動

荷物をリヤカーに入れて、出発しますが、荷物の上には次男が乗っています(笑)子供にはこんな配慮もあります。小さい島ですが、看板などもありますし、道もちゃんと舗装されているところがほとんどです。レンタル自転車のあるホテルも。街中にはコンビニなどもたくさんあります。

宿泊ホテル

今回宿泊したのは、トンサイ湾でも繁華街に近く、2008年にオープンた新しいホテル「ピピパームツリー」。ピピ島は案外手ごろな価格で、清潔で、そこそこ施設のある、家族向けのホテルがないのですが、ここなら料金も手ごろで子供用プールもありますし、お部屋には、ソファーベッドがあるので、大人2人と子供1人までが一部屋で宿泊可能です。

レストラン

トンサイ湾には、たくさんのレストランがあり、ビーチ側には、シーフードレストランや、タイ料理、イタリアンのレストランも多くあります。地元の人が利用するような屋台風なレストランもあります。ピザやパスタなどは、子供たちも大好きですよね!お店の前にメニューを出しているところもありますので、先にチェックもできます。

インフォメーション

一日のみの日帰りツアーと、宿泊の方のためのボート送迎があります。(いずれも、パトン、カタ、カロン、プーケットタウンのホテルと港間の送迎は含まれています。)

客船で行く一日ツアーについては、こちら
スピードボートで行く一日ツアーは、ピピ&カイ島バンブー島

ピピ島の宿泊場所は、今回ご紹介したトンサイ湾と、トンサイの裏側にある、ロングビーチ、北にあるレムトーン岬などがあります。ちょっと繁華街でしたら、トンサイ、のんびり静かに無人島気分でしたら、レムトーン、ロングビーチがお勧。

トンサイのホテル情報はこちら
ロングビーチ、レムトーンのホテル情報はこちら

最新記事